<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
- | permalink | - | -

寒くなってきた〜

朝はともかく、午後などは半袖でOKな日が多く、例年より寒くなるのが遅いかなと思っていたら、昨日あたりから急に寒くなった。

午前中は、学校の友達に聞いて娘が行きたがっていたジャンピングキャッスルのインドアプレイセンターで2時間ばっちり遊ぶ。
トランポリンパークより、こっちの方が気に入ったらしい。
まぁ、確かに飛び跳ねているだけじゃなくて、スライドもあるし、ヴェルクロのスーツを着て、壁にジャンプ!なんて昔TV番組で見たようなこともできるし、小学校低学年にはこっちの方が楽しいのかも。

夕方、久々に岩場の反対側へ行くと、普段は砂で隠れている部分にも岩がごろごろ。
いつからこんな状態なのかしら。



貝殻拾いは全くあてにしていなかったけど、最終的にWがシラタマ系を3個見つけてくれた。
沖では雨がぱらついていたのか、虹が!
貝殻を探して下ばかり見ていたので、見逃すところだった。

南風も強いし、これ以上寒くなる前に退散。
マフラーを持って行って正解でした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | - | -

Pipi

スクールホリデー中の娘をEntertainするために映画を見に行ったり("Paddington"、"Penguins of Madagascar"、"Big Hero 6"の3本を見ました)、ビーチに行ったり、トランポリンパークに行ったり、年末はSydney、Blue Mountainsへ1週間ホリデーに行ったりと、せわしなく過ごしているうちに、もう少しで2月(汗)。



今日も涼しくなってから海へ。
貝殻は全くといっていいほど落ちていないけど、小さいPipiに交じって、大きいものも発見。
娘は持ち帰って食べたがったけれど、1つじゃねぇ・・・。
おまけに海水を入れるペットボトルもない。
なので、砂に潜るところを観察するだけで納得してもらった。



もう少し涼しくなってきたらPipi獲りも楽しいかも。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | - | -

青い群れ

海には毎週といってもいいくらい行っているものの、ブログをアップまではたどり着かないことが多く、すっかりご無沙汰していました(汗)。

駐車場からEstuary沿いを歩いて海に向かっていると変な動きをする鵜が。
よく見ると、大きなFlounderらしき魚を一生懸命飲み込もうとしている最中だ。



顎(?)が外れそうな勢いだけど、さすがに大きすぎて鵜呑みは無理な様子。
根気よく頑張っていたけど、最後はどうなったんだろうかねぇ。

海にたどり着くと干潮だったので、いろいろ散策。



途中、ハナビラダカラに出会ったんだけど、帰宅後写真をチェックしてみたら、左にヒラムシが写っていた。
・・・またしても、節穴ぶりを発揮(汗)。



娘にちょうどいい潮溜まりを探していると、Sardineらしき魚の群れが取り残されている。
魚が取り残されていること自体は珍しいことではないけれど、Sardine(?)は初めてだ。
それにしても、きれいな色。
中には鳥かカニにでも突かれて命拾いをしたのか、傷を負ったものもいた。
他の場所にも群れがいたので、大きな魚やサメにでも追い回されて取り残されてしまったんだろうか。



見事なまでに貝殻は落ちていなかったので、こうして生きたハナビラダカラの写真を撮って満足したのでした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(0) | -

Hunter-gatherer

お休み最終日で遠出をする気にはならなかったので、岩場へ。
干潮時間より少し早めに出向いて、岬をぐるっと、反対側までのフルコースだ。



ショッピングセンターなんかもお休みになる祝日なので、人が多いこと多いこと。
おまけに泳ぐ気満々の娘は早く岬の反対側へ行きたくてしかたないので、岩場をじっくりと探すことはできなかったんだけど、まぁ、仕方ない。
でも、生きているハナマルユキも見られたし、貝殻も人が多かった割にはなかなかの収穫だったのではないかと・・・。



一昨日とは打って変わって、波も少なく、大きく引いていたので、普段は行けないような場所もうろうろできて楽しい。
写真のハナマルユキは両方とも生きているものなのだけど、表面に傷がついていて、苦労がうかがえる(!?)。
ちなみに上の写真に一緒に写っているのはWaratah anemone(Cherry anemone)。
確かにサクランボっぽいです。

反対側では大人がしゃがんで肩が隠れないくらいの、潮溜まりでぬくぬく。
水から上がると濡れた体に風があたって寒いので、浸かっているほうが快適だ。
娘がゴーグルをつけて、魚を追い掛け回すのを横目に、私は例の適当水中写真。



この縞々の魚(Stripey/カゴカキダイ?)、人がしゃがんでじっとしていると、つんつくしてくるのでくすぐったい。
よく見ると目までしっかり縞々なんですね。

しばらく遊んだあとは、コーナーショップでお昼を調達して公園へ。
この公園、初めてではないけど、別の家族が採っているのを見るまで桑の木が生えているのを忘れていた。



我が家もいくつか頂きました。
狩猟採集本能がうずくのか、こういうのってやけに楽しいですね・・・。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(0) | -

水中のワラター

実は二日連続の海。
干潮を少し過ぎたくらいに、久々の岩場へ。

波が大きく、いつものポイントでもアクセス不可能な場所もいくつか。
でも、地味ながらもぽつぽつとたまにタカラガイが落ちていた。



この周辺は岬の反対側も含めカミスジダカラに出会う確率がかなり高いような気がする。
こうして髪筋が残っているものが拾えると特にうれしい。
どこに潜んでいるんだろうな〜。



ここはヤクシマポイントなので、生きているのがいないか探してみたけど、見つかったのはハナマルユキだけだった。

本日の(適当)水中写真はこれ。



あちこちで目にする一般的なイソギンチャクだけど、改めて見るとなかなか美しい。
ちょっと調べてみたら、Waratah anemoneと判明しました。
赤いWaratahの花に似ているから・・・ということのようです。
別名Cherry anemoneは干上がっている時の姿から来ているんでしょうね。



たまにやって来る大きな波が岩に直撃して大きな水しぶきが上がるのを娘とキャーキャー言いながら、安全な距離から見る。
届かないのが分かっていても、間近で見るとかなり迫力があります。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(0) | -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...