<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
- | permalink | - | -
<< 水中のワラター | main | 青い群れ >>

Hunter-gatherer

お休み最終日で遠出をする気にはならなかったので、岩場へ。
干潮時間より少し早めに出向いて、岬をぐるっと、反対側までのフルコースだ。



ショッピングセンターなんかもお休みになる祝日なので、人が多いこと多いこと。
おまけに泳ぐ気満々の娘は早く岬の反対側へ行きたくてしかたないので、岩場をじっくりと探すことはできなかったんだけど、まぁ、仕方ない。
でも、生きているハナマルユキも見られたし、貝殻も人が多かった割にはなかなかの収穫だったのではないかと・・・。



一昨日とは打って変わって、波も少なく、大きく引いていたので、普段は行けないような場所もうろうろできて楽しい。
写真のハナマルユキは両方とも生きているものなのだけど、表面に傷がついていて、苦労がうかがえる(!?)。
ちなみに上の写真に一緒に写っているのはWaratah anemone(Cherry anemone)。
確かにサクランボっぽいです。

反対側では大人がしゃがんで肩が隠れないくらいの、潮溜まりでぬくぬく。
水から上がると濡れた体に風があたって寒いので、浸かっているほうが快適だ。
娘がゴーグルをつけて、魚を追い掛け回すのを横目に、私は例の適当水中写真。



この縞々の魚(Stripey/カゴカキダイ?)、人がしゃがんでじっとしていると、つんつくしてくるのでくすぐったい。
よく見ると目までしっかり縞々なんですね。

しばらく遊んだあとは、コーナーショップでお昼を調達して公園へ。
この公園、初めてではないけど、別の家族が採っているのを見るまで桑の木が生えているのを忘れていた。



我が家もいくつか頂きました。
狩猟採集本能がうずくのか、こういうのってやけに楽しいですね・・・。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...