<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
- | permalink | - | -

適当水中写真

ただいまスクールホリデー真っ最中。
お休み直前に娘がAdenotonsillectomy(アデノイド口蓋扁桃摘出)の手術を受け、当日はまだ麻酔が残っているのか、少し食べられたものの、術後1週間くらいは飲食もままならず大変でした。
おまけに、日帰りで、病院からは翌日、ドクターからは1週間後に電話があるものの、家で面倒をみるんです。(*心配があればドクターにいつでも電話できます)
「病院は病人がいるところだからねハート」みたいにENTドクターは言っていたけど。
プライベートの病院でそうなので、問題ない限りは日帰りが基本のようです。

そんなわけで、しばらく大人しくしていたのですが、週末くらいからやっと復活してきたので、お休みを満喫すべく、無理をしない程度に海や公園に行ったり、ピクニックに行ったりしています。



昨日は岬の反対側へ。
干潮ではなかったので、貝殻はたまにシラタマ系が目につく程度だったけど、磯で適当にカメラを水中に突っ込んで撮った写真の中になかなか面白いものが混じっていた。



小さいシュリンプ(?)は好奇心旺盛でカメラや手に寄って来るほど。
これは奇跡的に1匹にピントがあった写真。
小さいハサミがかわいい。



同じ場所で土曜日にハナビラダカラを目撃していたので再び見てみたら、やっぱり隠れていた。



これは実は手前の大き目のシュリンプを狙ったものだけど、背後にウニが。
こんな風に岩の下に隠れているのか〜。道理で見当たらないわけだ。



極めつけはこれ。
このとぼけた癒し系ギンポ?(笑)
このほかにも5・6匹ギンポ(ハゼ?)がこうして岩陰からのぞいている写真がありました。

今回で味を占めたので、適当水中写真にはまってしまいそうです(笑)。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(0) | -

漂流組

久々に青空がのぞいたので、海へ。
風もなく穏やかで、海までの道のりも心地よい。



でも、予想に反して少し先ではかなり大きな波がたっていて、サーファーがちらほら。
Slugを探したいという娘だったけど、残念ながら満潮に近いようでかなり潮が満ちていたので、磯遊びは却下。



砂浜に降りてまず目に飛び込んできたのは、アサガオガイ!!
こうして大量漂着に遭遇するのは久しぶりだ。
あの大きな波が漂流組を運んできてくれたようです。
浮き袋も付いた状態の新鮮なものばかり。
大小のアサガオガイにまじって一つだけルリガイも見つけることができた。



砂の要塞を熱心に作る娘を手伝いつつ、近場に落ちていたのを集めてみたのがこれ。
(処理が面倒なので、拾ってはきませんでした)



やはり一緒に流れてきたらしいカツオノカンムリ(by-the-wind Sailor)も多数。
すっかり色が抜けてフィルム状になっているものも目立つ。
カツオノエボシは1つ大きいのを見ただけでした。



風任せ、波任せ組といえば、トグロコウイカだけど、完全な状態なものはこれ一つを見かけたのみ。



そして、本日の最大の収穫はこの刺付のウニ!
ウニ殻自体めったにお目にかかれるものではないので、これは持ち帰らずにはいられませんでした。
この状態で拾うのは初めてなので、どう処理したものやら?
多分中身が入っているのだろうし・・・。
検索してみた結果、漂白剤を混ぜた水につけるということでいいのだろうか?
White Kingを切らしているので、明日買ってきて試してみたいと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | comments(4) | -

風の子

仕事で忙しいWのため、少しの間、娘をビーチに連れ出すことにした。
途中、風が結構あってちょっと心配したものの、砂浜ではいい具合に風がはばまれていて、気になるほどではない。
Slugを探したいという娘だったけど、満潮に向かっている時間帯だったので、岩場散策はほぼ無理。
行けるところまで行ってみたけど、Slugの類は見つけることができなかった。

砂浜では多くのアジア人学生とそのホストファミリーらしき人たちがいて、貝殻を探している様子・・・。
日本人ではなかったけど、アジアからのホームステイや短期留学が多い時期なのかもしれない。
でも、にわか貝殻さがしの人が見つけられないものを見つけるのだ〜!と意気込む私(笑)。



たまにヒメホシダカラなんかもあります。
割れているけど、こういう欠片を見かけると、こんなタカラガイも拾うチャンスがあるんだと励みになる。



途中、娘が見つけた岩。
中に赤や黄色が入っていて、不思議な様相をした岩だった。
持ち帰りたい衝動に駆られたけど、20儖幣紊脳し大きかったので止めておきました。

砂浜をじっくりと探した結果がこれ。



地味だけど、まぁ、仕方ないか。
最近縁のあるウスムラサキケボリには出会うことができませんでした。



真冬だというのに(*7月が一番寒い)、波打ち際で思いっきり遊んで、娘は最終的にはずぶ濡れで着替える羽目に・・・。
子供は風の子ですね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | - | -

節穴

昨日行ったばかりだし、今日は山にでも・・・と思っていたけど、娘の希望はまたしても海。
結局昨日と同じ岬の反対側へ行くことになった。



干潮時間に近かったので、大分潮が引いている。
でも、昨日のようにごっそりと貝殻が溜まっているような場所はなく、散らばっている感じ。



それでも、またしても浅い潮溜まりでウスムラサキケボリ来ました!
この運のつきようは一体何なのだろう?ちょっと怖いくらいです。



そして、たまに見かける半透明の白玉系とザクロガイ。
こういう極小の貝殻(特にザクロガイ)はひとたび目を離すと見失ってしまったりするので、大変です。
このザクロガイも娘と話している間に何度か見失いました(汗)。



見事にひいていたので、普段は絶対にたどり着けないような奥まで。
途中、ハナビラダカラを発見。
少しつんつんしたら、外套膜に隠れたリングがはっきり。
実はその場では右の1匹しか目に入っていなかったのだけど、帰宅後写真を見たらすぐ左にももう1匹いたことが判明しました。
私の目、節穴すぎる・・・。



娘にいじられて赤紫の液体を出すかわいそうなアメフラシ・・・。



一番奥はこんな感じ。
穏やかな日にたまに見かけるスピアフィッシングをしている人はこの辺を狙っているんでしょうね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | - | -

1日で3つも!

ただいま冬真っ盛りの南半球です。



家から何百劼販イ譴織曠螢如疾茲婆爾離ラスメートにばったりなんてこともあってびっくりしたスクールホリデーももう少しで終わり。
最後の数日は近場で過ごす予定で、久々に岬の反対側へ。

干潮も逃していたので、あまり期待していなかったけれど、いい具合に貝溜まりができていて、心躍る出会いがいくつも!



ウスムラサキケボリを1日で3つも発見したのは初めてでした。
薄紫とあるけど、どちらかというとピンクっぽい色が印象的な小さな貝です。



ウキダカラは先月もここで拾っているのですが、それまでは最近あまり出会っていなかったので、あれ?という感じ。
冬のほうが拾えるのかな?
それとも、単にウキダカラづいているだけか!?(笑)

ほかにもいくつかタカラガイや白玉系を拾うことができ、とても充実した貝殻拾いでした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
貝殻/ビーチコーミング | permalink | - | -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...